0

YouTubeチャンネルの今後について(About our YouTube channel)

Fictitious Prisonでございます。
Hello, everyone.

YouTubeを始めてから2か月が過ぎました。
Two months have passed since I started YouTube.

チャンネル登録していただいた方々や動画をご覧になっている皆様に、改めてお礼申し上げます。
We appreciate all the people who watch our videos and subscribed to our channel.

チャンネル登録者数1,000人、総再生時間4,000時間を10日で達成して浮かれまくっていたところ、
前回の告知でお話ししたように、性的満足を意図したコンテンツとしてあっさりと収益化を無効にされました。
We achieved necessary conditions for monetization on YouTube in 10days.
But it was disabled because our channel was considered to be aimed at sexual satisfaction.

そこで、動画を整理して再申請を行い、一旦収益化が認められたものの、つい先日、再度同じ理由で無効となりました。
Therefore, we deleted some videos and reapplied to monetize.
Once allowed it, but just the other day it was invalidated again for the same reason.

YouTubeガイドラインでは、性的なコンテンツや暴力的なコンテンツは禁止されています。
ヌードもなく、写真集のメイキング動画なんかは和気あいあいとしていますが、フェティッシュコンテンツと判断されているようです。
YouTube guidelines prohibit sexual or violent contents.
Our videos do not include nudity scenes at all and are not violent in a bad way, but it seems that YouTube regards those as fetish contents.

性的コンテンツなのか某大学のシンポジウムでも話題になったロープアートなのかの議論はさておき、
スタジオの活動紹介として公開した3分間の動画にもYouTube側で年齢制限をかけられてしまったので、
手錠や縄が出てくるシーン自体、YouTube側からすればよろしくないということだと思います。
なので、今後のサンプル動画は、基本的には当たり障りのないカットのみを選んで公開することになりそうです。
We guess that YouTube regards a scene with handcuffs or ropes is quite inappropriate.
Under its rules, we should upload videos that contain as few such scenes as possible.

ただ、当サイトの作品が好きな方は、手錠や縄による拘束シーンを確認したいでしょうから、
ごく短時間のカットもなんとか入れ込むようにはしたいと考えています。
Also, we understand that you may want to watch scenes with shackles.
So, We will try to insert scenes like that in a very short number of seconds.

物足りなさを感じるでしょうが、あくまで映像や出演女優の感じを掴むためのサンプル動画としてご理解いただけると幸いです。
動画の概要欄に商品ページへのリンクがありますので、拘束シーンは当サイトのキャプチャ画像でご確認いただければと思います。
You may feel unsatisfied with that.
But we hope you will understand our videos on YouTube as samples to get a feel for the mood or to check appearances of the actress.
There is a link to the ordering page on this website in the description of each YouTube page, so please check the restraint scenes at the captured images of our pages.

また、サンプル版ではなく全編をアップロードしてほしいというコメントがたまにありますが、
And we get comments infrequently that he/she needs a whole story on YouTube, but

・動画サイトや海賊版サイトに無断でアップロードされている状態が異常なだけで、そもそも無料ではないこと
The state of being uploaded to some video sites or pirated sites without our permission is just NOT normal, and it’s not “free” in the first place.

・当サイトの作品がYouTubeが掲げるガイドラインと親和性がないこと
Our videos do not have an affinity with YouTube guidelines.

・全編公開によりYouTubeから広告収入が得られる見込みがないこと
There is no prospect of earning advertising revenue from YouTube by publishing a whole story.

から、全編の公開は考えておりませんのでご了承ください。
(YouTubeガイドラインが鬼のように緩和され、確実に収益化できるのであれば考えます)
for the above reasons, we will not upload a whole story.

また、男囚系動画のサンプルについては、動画に導入部分がほぼ無く、
ほぼ全編を拘束シーンや暴力的に映るシーンが占めるため、YouTubeにアップできそうな部分が無いと考えています。
And, as for male prisoner videos, we think that it would be difficult to upload even a sample movie for YouTube.
Because almost all of the scenes are with shackles or a kind of violence.

したがって、今のところサンプル動画の公開は考えておりませんが、
女囚系動画の公開がひと段落すれば、実験的にメイキング映像の公開をするかもしれません。
We have no plan to upload videos of those at this moment, but we may show a making-of video in future.

YouTubeチャンネルに関しては、あまり皆様の期待に応えられる形での運用ができなさそうです。
拘束シーンがほぼ無いサンプル動画をアップするのは心苦しいのですが、何卒ご理解いただければと思います。
Regarding our YouTube channels, it seems that we will not be able to operate in a way that can meet everyone’s expectations.
We hope for your understanding in this matter.

それでは、今後ともよろしくお願い致します。
Thank you for your continuous support.

コメント